Version 2.1.1
FXとは?
 FXとは「Foreign Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引といいます。
 2国間の通貨を買ったり売ったりして差益を狙うことです。
 例えば、1ドル100円のときに買い、1ドル=120円になったら売る→「20円の利益」
 この仕組みを利用して利益を出す事です。

・FXの3大メリット
 ●少ない資金で大きな投資ができる。
  レバレッジを利用する。
 ●FXは不況でも利益が出せる。
  景気に左右されず、2国間の通貨の交換価値の変動を利用する取引である為。
 ●スワップポイントが毎日たまっていく。
  スワップポイントとは、FXで売買を行ったときに発生する2国間の「政策金利の差」のことです。
  ドル円の場合ドルを買う事で+スワップが発生しますが、逆にドルを売る場合は-スワップが発生します。
  
 続きの説明はセミナーにて

なぜ海外のFX会社を使うのですか?
・DD方式とNDD方式について
 NDD方式の証券会社を使用しているので安心して取引出来ます、WinWinの関係となります。
 
 
 
 日本の証券会社の殆どはDD方式を採用しています。
  DD方式(Dealing Desk、相対取引)は、FX会社にディーラーデスクがあり、
  個人投資家の取引をインターバンクでカバーするかどうかをディーラーが決定します。
  いわゆる「ノミ行為」となりWinWinの関係では無くなります。
  
 海外の証券会社の殆どはNDD方式を採用しています。
  NDD方式(Non-Dealing Desk、インターバンク直結)というのは、FX会社の為替ディーラーがおらず、
  個人投資家と成約した取引をすぐにインターバンクに流してカバーを取る方式のことを指します。
  WinWinの関係となります。

・追証(おいしょう)について
 急な相場変動があった時に証拠金がFX業者の指定した一定の割合を割り込むと追加で証拠金を入れなければ
 強制的にロスカットされるという制度のことを言い、追加で証拠金を請求種ることを追証と言います。
 国内FX業者は、この追証制度があるのですが、海外FX業者のほとんどは追証はゼロに設定しているのです。
 その為、マイナス残高にはならず安心です。
 
 続きの説明はセミナーにて

レバレッジとは?
 FXの最大の特長は、担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、何倍もの取引ができることです。
 日本では最大25倍までとなっていますが、海外では500倍や1000倍のレバレッジを利用する事が出来ます。
 レバレッジが多いと危険と良く言われていますが、うまくレバレッジを利用する事でリスクヘッジとなります。
 レバレッジとリスクヘッジの関係は後半に説明しています。

スワップとは?
 スワップポイントとは、FXで売買を行ったときに発生する2国間の「政策金利の差」のことです。
 ドル円の場合はドルを買う事でアメリカの銀行金利の方が高いのでスワップ金利はプラスとなりますが、
 ドルを売ると日本の金利の方が低いのでスワップ金利はマイナスとなってしまいます。
 2国間の金利差を注意しないとスワップマイナスは馬鹿にならない事になります。
 
 続きの説明はセミナーにて

ハイプとは?
 HYIP (ハイプ)とは「High Yield Investment Program」略称として頭文字をとったもので、直訳すると高益投資プログラムです。
 月配当を10%や20%として(人)資金を集めるのですが儲かる実態はなく、いずれ出金出来なくなる物が殆どです。
 WinSideFXはあくまで運用システムでお金を預かる事はありません、いつでも出金できます、ご安心下さい。
 
 WinSideFX料金コース
 
 続きの説明はセミナーにて

どれ位の資金が必要?
 FXは少ない資金でも大きな投資が出来ますので、
 最初は10万円とか20万円で様子を見て徐々に増やす事をお勧めします。
 あくまでもポケットマネーで運用して下さい。
 「全財産」や「借金して」の資金投資は絶対にやらないで下さい。
 必ず勝つとは限りません、あくまでも投機です。
 
 資金が多い方(500万円以上)は利益率を適正な範囲に設定させて頂きます。
 
 資金の少ない方を応援するEA(自動プログラム)を目指しています。
 
 続きの説明はセミナーにて

なぜGemForex?
 GemForexとは
 GEMFOREXの運営会社は、ニュージーランドにあるGEM GROUP NZ LIMITEDとなります。
 ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)を取得
 経営陣4名中3人が日本人であり、スタッフの半数も日本人です。
 そんな日本人運営による細やかなサービスが認められ、入出金の早さ、サポート力、サービスの
 充実度が圧倒的に勝って2016年にはベストアジアブローカー賞を受賞し、
 その後2017年から2019年、本年まで毎年ベストブローカー賞を受賞しています。
 
 GemForexを選んだ理由
 ・レバレッジが1000で資産が2万ドルを超えてもレバレッジは500もあります。
 ・ドル円でスワップは売り買いともプラスとなりスワップリスクを考えなくて良い。
 ・ボーナスは100%の抽選式ですが月に3回位で3日間限定でログインすると当選しているか
  わかります、当選すると100%のボーナスがもらえリスクヘッジになります。
 ・日本人が運営しているので日本語対応も問い合わせも対応が良いです。
 
 GemForex口座開設ページ
 
 GemForex口座開設マニュアル
 
 続きの説明はセミナーにて

WinSideFXとは?
 MT4のEA(Expert Advisors)を利用したドル円の自動プログラムです。
 中長期及び短期のトレンドや買われ過ぎ、売られ過ぎを考慮し設定したレンジ内で自動売買を行います。
 
 WinSideFX料金コース
 
 続きの説明はセミナーにて

何故人はFXで勝てないの?
 FXで勝てる人は1割弱です。
 では、何故勝てないのか?
 これは私の理論ですが、上がるか下がるかなんて誰にも判らないのに判断してしまう事?
 プロトレーダーでも年間を通して勝っている人は約2割~4割しかいないとされています。
 人がする取引の事を「裁量取引」と言い色々な「インディケータ」を駆使して上がるか下がるかを判断し、
 買ったり売ったりしますが反対に動いた時に人間は損切りが出来ないのが勝てない理由の一つかと。
 
 続きの説明はセミナーにて

インディケータとは?
 主に移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、RSI、MACD、ストキャスティクスが多く使われています。
 全てのインディケータは通貨が上がるか下がるかの判断基準の為に使われています。
 
 移動平均線
 移動平均線は最も有名なトレンド系のインジケーターであり、過去一定期間の終値の平均値を結んだラインです。
 
 
 ボリンジャーバンド
 上下3本のバンドと期間20の移動平均線で構成されています。
 ボリンジャーバンドのバンドは標準偏差±1σ、±2σ、±3σであり、
 それぞれ以下の確率でレートがバンド内に収まるという意味を持ちます。
 
 
 一目均衡表
 トレンドの状態を視覚的に判断するのが、一目均衡表(いちもくきんこうひょう)です。
 一目均衡表は、転換線、基準線の他に、将来的な相場の動きを予測する先行スパンAと先行スパンB(雲)、
 そして現状のチャートをそのまま過去にスライドする遅行スパンから成り立っています。
 
 
 RSI
 オシレーター系の指標で代表格なのが、「RSI」(Relative Strength Index)(相対力指数)です。
 サブチャートに表示され、買われ過ぎゾーンと売られ過ぎゾーンが示されます。
 
 
 MACD
 MACD(マックディー)は、2つの期間の移動平均線の差分をとった「MACDライン」と、
 MACDラインの移動平均線である「シグナルライン」から構成されるインジケーターです。
 
 
 ストキャスティクス
 ストキャスティクスも買われ過ぎや売られ過ぎを示すオシレーター系のインジケーターです。
 ストキャスティクスが80以上で買われ過ぎ、20以下で売られ過ぎを示します。
 
 
 続きの説明はセミナーにて

何故WinSideFXは勝てるの?
 上がるか下がるかを判断していないからです。
 中長期及び短期のトレンド、買われすぎ売られすぎをレンジの中で判断し、
 チャートに追随して動いているだけです、反対に動いても判断通りなら継続、
 判断通りでないならロスカットします。
 ロボットなので感情が入らないし、あくまでも数学的に追い込みチャートに準じ、
 理論的に動いているだけです、ある意味、単純作業の繰り返しとなります。
 同じEAですがポジションや資金によって違う動きとなります。
 これ以上は企業秘密となりますので言えませんが、この半年間の結果が物語っています。
 
 しかし、シュミレーションでは良い結果が出ているのに実際はうまく行かなかったり、
 これまでに400以上のEA(自動売買プログラム)を作って自分で試して来ましたが困難な日々でした。
 ようやく
 最新のEA(自動売買プログラム)が完成しました。
 半年以上の実績があり、年末年始の荒れた相場も乗り切った自信作と言えます。
 
 では他のEA(自動売買プログラム)は何故勝てないのか?
 殆ど(99.99%)がナンピン系だからです。
 
 WinSideFX料金コース
 
 続きの説明はセミナーにて

レバレッジがリスクヘッジとは?
 レバレッジが高いとリスクが高いは反対です。
 あくまでも私の理論です。
 FXとは証拠金取引の事で、証拠金に対してレバレッジが効きます。
 例えばXM,BigBoss,GemForexでドル円で1LOT(1ドル109円として)を売買すれば、
 XMだとレバレッジが888なので109円*10万ドル/888なので証拠金は¥12,274
 BigBossだとレバレッジが555なので109円*10万ドル/555なので証拠金は¥19,639
 GemForexだとレバレッジが1000なので109円*10万ドル/1000なので証拠金は¥10,900
 となりますが、
 日本のFX会社はレバレッジの最高が25となるので109円*10万ドル/25なので証拠金は¥436,000
 となります、この証拠金は取引では使えませんので。
 100万円の資金でドル円を1LOTで売買した場合、日本だと¥436,000が使えないので、
 残りの564,000での運用となります。
 しかしGemForexだと証拠金が¥10,900なので\989,100円を運用で使える事になります。
 
 続きの説明はセミナーにて

WinSideFXを利用するのにFXの知識は要りますか?
 FXの知識は必要ありません。
 WinSideFXが全ての取引を自動で判断し行います。
 逆に手を出されると自動プログラムの動きがおかしくなります。
 
 続きの説明はセミナーにて

どうすればWinSideFXを始められますか?
 まずはFXセミナーに来て下さい。
 ・セミナーに行く。
 ・WinSideFXに申し込む。
 ・取引所を開設する。
 ・口座に入金する。
 ・私に連絡してEAをスタートさせる
 
 続きの説明はセミナーにて